豊中で起業支援、複業・副業相談、悩みごと解消のお手伝い中

新しい価値観に好奇心を持つには

 
新しい価値観に好奇心を持つ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは、キキステナラズです。

今回の動画は「興味関心や価値観」にまつわるお話。

どんどん早くなる時代の流れに取り残されないよう、好奇心と柔軟さを大切にしていきましょう。

世代ごとの感覚がぜんぜん違う

団塊の世代が後期高齢者を迎え、団塊ジュニアが早期退職を迫られる時代、若い世代がだんだんと社会の中心になりつつありますよね。

メール1通○円だった時代から通信コストも下がり、お金の感覚もずいぶんと違ってきているなぁと感じています。

たとえば、「時給が高ければ何でもするし言うことも聞く」なんてことはこれからなくなってくるし、「はたらく」という感覚やその報酬も人それぞれ。

職場選びの基準が「友達づくり」だったり「都合の良さ」だったり、「かっこいい」だったりもするんです。

つまり、雇う側の報酬設計が「お金」しかなかったら、「お金が欲しい人」だけが集まり残っていきます。

もちろんそれは悪いことではありませんが、多様な人材を集めようと思えば「それぞれの報酬を設計する(提供できる)」ことが必要になってきます。

お給料の支払いとは別に、働いた時間で何を得ることができるか。

何を提供できるかです。

所有から利用、専有から共有へ

UberやAirbnb、タイミーやメルカリなど、人や物が流動的に動いていく時代。

これまでの世代(僕らも含まれますが笑)では考えられないような感覚で物事が動いていくんだけど、それも若い世代にとっては「ネイティブ」なんですね。

物心ついた時からカーシェアは当たり前、必要のない物はフリマに出し、必要な期間だけ調達する。

そんなテクノロジーが生み出した「シェアリングエコノミー・ネイティブ」の世代にとっては、「時間や体験」こそが価値になっています。

iPhone発売日の長蛇の列や、タピオカを買うために友達と並ぶ時間、そこに「楽しさ」があるんです。

「楽しみに並ぶ」という行為や時間を買っているわけですね。

自分の外にある「楽しさ」に目を向ける

年をとるにつれ「いつもの」だったり「決まったやつ」で済まそうとしてしまいがちですが(特に男性は)、自分はそう思わないけれど人が集まっている物事には必ず「理由」があります。

みんな楽しそうにやってるアレ、みんな持ってるアレ、みんな食べてるアレ。

自分の中で「???」と違和感を感じた時こそ、新しい価値観に触れるチャンスなのかもしれませんね。

人は変化を嫌う性質がありますが、時代(環境)に最適化したものが残るというのも然り。

食わず嫌いで済まさず、食べてみましょう!きっと、新しい発見があるはずです。

キキステナラズでは、対話や質問を通してあなたの内面や思考を深掘り、言語化・行動習慣化できるお手伝いをしています。無料のオンライン相談会も実施していますのでぜひ!(^^)

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© キキステナラズ , 2020 All Rights Reserved.